7.10.14

“ m ”



 “ marron ”         Manna Re







【DM】  撮影:Manna Re
        デザイン / 表・裏 小久保由美 (ポット出版)



   


■  マロン写真展
 『marron☆party!part Ⅳ』


・10月10日(金)-10月15日(水)12時から20時

・SPIN GALLERY  http://spins.exblog.jp/22555914/

入場無料。




< marron 作品 出展者  >


  ★ 永瀬 正敏  (俳優・写真家) × marron


宮崎県生まれ。83年『ションベン・ライダー』でデビュー。
91年に『息子』で日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、他計9映画賞で、
主演、助演男優賞を総なめにし、『学校Ⅱ』(’96)と『誘拐』(’97)で
日本アカデミー賞優秀助演男優賞を、そして『隠し剣鬼の爪』(’04)で
同優秀主演男優賞を受賞。
またカンヌ国際映画祭芸術貢献賞受賞『ミステリー・トレイン』(’89)、
ロカルノ国際映画祭グランプリ受賞『アジアン・ビート(香港編)オータム・ムーン』(’91)、
エジンバラ、リミニ両国際映画祭グランプリ、トリノ国際映画祭審査員特別賞受賞
『コールド・フィーバー』(’95)など80本の映画に出演している。
近作では、11年に公開された『毎日かあさん』で日本映画批評家大賞 主演男優賞受賞。
『スマグラー』で日本放送映画藝術大賞 優秀助演男優賞受賞。
待機作に『まほろ駅前狂騒曲』『さいはてにて』『Words With Gods 四苦八苦』
『KANO』『十字架』他。
写真家としても活動。
青森県立美術館、津軽伝承工芸館、みやざきアートセンター等で写真展を開催。
台湾華山1914で写真展が9月13日から。
今後都内他各都道府県で写真展を開催予定。


 

  滝本 淳助  (カメラマン) × marron

  

1954年東京生まれ。
大学に入学するもアングラ劇団に、後に『ヒカシュー』を結成する「巻上公一」と出会い、
氏に誘われ(独学で写真を学び)カメラマンの道へ。
著作は、

「久住昌之」との共著『タキモトの世界』(「復刊ドットコム」より発売中)の他に、
「えのきどいちろう」との共著『3D東京案内』など。
「みうらじゅん」らと組んだバンド『大島渚』では、ドラムを担当した。
『(仮)タキモトの夢絵日記』近日刊行決定!






 
  Manna Re  (愛と平和) × marron


東京生まれ北京育ち。アートに関連するものは大体好き。
写真に関しては、17歳から撮り始めてからカメラは生活の不可欠な一部になった。
写真は生きてきた「証拠記録」として残し続けてく予定です。





 【DM / 宛名面】


 SPIN GALLERY
  千代田区神田神保町1-20 2階 
● 本の街 神保町の路地裏、木造2階にある木枠の窓の小さな部屋。
時間に気づかれず残されていたこの一室は、
作家・写真家の伴田良輔がオーナーのギャラリーです。

 
『超個性派モデルmarron を、
永瀬正敏、滝本淳助、Manna Reの3人が撮りおろした写真展です。
「marron☆party!」と題して行ってきた展覧会の第4弾を神保町SPIN GALLERYで開催。』




 モデル主催の写真展・第4弾!
マロン写真展「marron☆party!part Ⅳ」



~三者三様のカメラワーク~ 
切り口の違う marron をどうぞご覧下さい。





乞 う ご 期 待 ☆









marron





http://ameblo.jp/marron250/


http://marron250.tumblr.com/


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...